読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

潜在意識で夢を叶える

潜在意識で夢を叶えていくブログ

心の片隅に存在する元彼への想い

お久しぶりです。

 

2月に入ってから、新しい職場で頑張っています。

毎日研修ばかりなのですが、たまに知的障害者の支援に入ることもあります。

 

毎日のことが初めて経験することばかりで、不安もありますがワクワクしています。

 

 

さて、最近恋愛のほうはというと…

 

何人か男性と遊ぶ機会があったりしました。

 

 

いいなーとは思うのですが、やっぱり何かが違うんですよね。

 

だから結局元彼に連絡してみたりして。

 

誘っても、先約があるからと会えなかったり、そもそも既読無視されたり、そんな状況が続いてやっぱり「もういいよ!」ってなるんですね(笑)

 

 

で、実は昨夜元彼に急遽会えました。

 

新しい仕事どうなの~?とか心配してくれたり。

 

私のことわかってる元彼がもう神様に見えるんですよね、何か悩んでる時って(笑)

 

しかも、やっぱりかっこいい。

もう超タイプ。

 

 

新しい職場では3月いっぱいまで土日休みなので、元彼と遊ぶのには都合がいいんですよね。

 

土日休みなことを伝えたら「俺も暇な時言うよ~」とか彼の方から言ってくれたりして、そういうのが期待してしまうんですよね。

 

正直嬉しいです。

 

私はなんとなく、わかりました。

 

この現実って結局全部私自身が創り出しているのだと。

 

 

いやいや、そんなの潜在意識や引き寄せの世界では常識!なのですが、いまいち自分の中でちゃんと理解出来てなかった気がするんですよね。

 

元彼に連絡したときに、既読無視されたり、返事が来ても他の約束があって会えなかったりしたパターンって、いつも

 

「どうせまた会ってくれないんでしょ!」

 

って気持ちで誘ってたんですよね。

 

 

でも昨日は

 

「なんか今日は元彼に絶対に会える気がするなー。」

 

って思ってたんです。

思い込んでたんです。

 

未来の予定を決めつけていました。

 

 

ご飯に誘ったんですけど、元彼はやっぱり今回も職場の人と飲み会に行く予定があるからと断られました。

 

でも、私は断られる前に前職場の同期から食事に誘われたんですよね。

 

元彼から返事来てなかったけど、もちろんOKして、同期とご飯に行くことにしました。

 

でも、元彼には会える気がずっとしてたんです。

 

同期と約束してすぐ、元彼からも返事が。

 

元彼とのご飯は無理になったけど、同期と約束したからイライラとかも全然しませんでした。

 

 

ごめんと言われたけれど、

 

「ほかの人と約束したから大丈夫!」

 

と返しました。

 

彼も「なら良かった」と言ってくれて、全然険悪なムードにもなりませんでした。

 

 

私は同期に元彼のことを相談しました。

 

元彼と復縁って結構否定的に考えてる方が多いと思うのですが、同期はかなり親身になって聞いてくれました。

 

 

わかるよ、わかるよって。

 

 

復縁って周りの人の理解とか考え方によっても大分左右されるんですよね。

 

だから本当は黙っていたほうがいいのでしょうけど(笑)

 

 

それで、彼が飲み会終わった後もLINEは続けてたら、なんとなく会う流れに。

 

 

嬉しかったなぁ。

幸せだったなぁ。

 

私たち、別れてもう1年になるんですよ。

 

でも、1年前、まさかこんな形でも一緒にいれるなんて思ってなかったんですよね。

 

別れた当時はもう二度と会うことなんてないかもと思っていましたから。

 

でも、絶対会う!そして復縁する!という強い意思があったから、きっと今に至るんですよね。

 

人生って思いがけないことがたくさん起こります。

 

復縁には至ってないけど、彼のほうから「暇な時言うよ」と言ってくれるまでになったのって、多分私がそれを望んでいたからなんでしょう。

 

思ったこと、願ったこと、思い込んだことって必ず実現するように出来ているんですね。

 

 

だから、元彼と復縁しなかったとしても、私には素敵な恋人と巡り会えていつか結婚して、幸せな家庭を築くという思考も叶いますし、元彼と復縁して結婚して幸せな家庭を築くという思考も実現することになります。

 

叶うならどちらでもいいし、必ずどちらか一方は叶います。

 

だってそれは私が願ったことだから。

 

叶わないなんてことはありえないんですね。

 

むしろ、もう叶っている。

 

私は元彼の隣で寝てる時、いつも感じるんです。

 

彼の背中を見て「私の旦那さんが隣で寝ている。寝息もいびきも愛おしい。安心できる。この人の傍にこの先もずっといるのだろうな。」と。

 

もう既に旦那さんと認識している自分がいるんですよね。

 

 

だから叶わないんじゃないかって不安になる必要なんてないんです。

 

幸せになることはもう約束されているので、未来から今の自分を見つめてみるんです。

 

今この瞬間の、幸せな気持ちも苦しい気持ちも、全部幸せな夢の実現するのために必要なこと、必要なプロセスだったんだって。

 

どう転んでも私は幸せになれます。